設計管理の依頼

意外と知らない設計管理

室外工事をするにあたって、発生するのは設計管理と呼ばれる作業です。設計管理とは、物を製作するときにどれくらいでできるか期間の目途を設定して、その設定の下に作業を進めていくことです。 設計というのは、業者にはよりますが、大体初めてお客様と顔を合わせ話った時から始まります。ほかの業種にあるように1回相談してこれくらいの値段になるというわけではありません。話し合いお互いに納得して、作業をし始めることで設計管理がなされるのです。ですから、何か工事を依頼することがあったらまずは業者に相談してみましょう。

工夫ひとつで工事の依頼がスムーズに

また、この設計管理は依頼した際にお金が必要になりますが、発生するお金は、国の法に定められた範囲です。大体全体のかかる費用の5パーセントから15パーセントの範囲が多いようです。だから、例えば30パーセントといったお金がかかるときは一度業者に説明してもらったほうがいいと思います。 現在は悲しいことに違法工事を行う業者も少なからずいます。こうした違法工事業者に依頼しないことが一番ですが、もしも知らずしてしまったときは、設計管理をしっかり把握して、かかる金額の仕組みを理解することが重要です。 もちろん業者によってやり方は違いますが、一番初めにやることは設定管理だと思います。工事を依頼するときは確かな知識をつけましょう。