修繕作業を上手にする

避けることのできない大規模修繕

マンションを購入すれば、当該マンションの管理組合の組合員となり、当該マンションの規約に定められている管理費および修繕積立金を支払わなければなりません。 このうち、修繕積立金は、将来のマンション大規模修繕の費用に充当されるケースが多いようです。 どれだけ立派な新築マンションも時の経過とともに、どうしても劣化が進行してしまいます。そこで、新築後15年前後を一つの目安として、マンション大規模修繕が実施されるのです。マンション大規模修繕を避けて通ることはできないのです。

管理会社以外の第三者が介在するほうがベターです

マンション大規模修繕を実施しないという選択肢もありうるのかも知れません。しかし、その場合にはマンション自体の劣化速度を早めることとなってしまい、修繕費用に莫大な金額を要することにもなりかねません。したがって、計画的にマンション大規模修繕を行うことがマンションを長持ちさせるという意味でも大切なことなのです。 大規模修繕工事は、複数の建設会社に見積もりを打診することが大切です。できれば、マンションを管理する管理業者以外の第三者が取り纏め役をするほうがベターです。なぜならば、通常、管理業者は懇意にしている建設会社がおり、当該建設会社に便宜が図られる可能性がないとはいえないからです。公平な見積もり取得を行うためにも、第三者の存在が必要です。